leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0">
プロフィール

Author:琴葉
2014年3月、突然夫が脳幹出血で倒れ、遷延性意識障害に。
また取り戻したい、夫婦の幸せな時間・・・
在宅を目指す日々や届いたメッセージを綴ります。

最新記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

~先のことは考えない~ 在宅介護生活目指して・・・時々神さまからのメッセージ
あぁ・・・(;_:)
今日掲示板に告知されていた
管理員退職のご案内が・・・

管理人さん 今月いっぱいで退職されることになられた

私の衝撃は大きい
管理人さんが退職されること、考えてもいなかった

いままでどんなにお力になっていただいていたことか

涙が込み上げてきて、お礼のご挨拶に行けない

マンションで在宅をするにあたって
いろんなことがあった

いつの頃からか、困ったら管理人さんに相談していた
管理人さんは、いつでも親身になって力になってくださり
応援してくださった

鍵のことや、ビラのことや、駐車場のことも
管理会社や理事長さんや住民の方との橋渡しも、
リフォームの時も
いろいろいろいろ 

どれだけお世話になって、頼りにしてきたことか

私が怯えていた時
「何か間違ったことをしていますか
そうじゃないでしょう
なら、堂々としていればいいのです」

「良識のある人は、いっぱいいますよ」

温かく、声をかけてくださったり
背中をおしてくださったり
解決に導いてくださったり

昔、校長先生をしていらっしゃった管理人さんは
実直で、温かく、時には先生のように感じた

これから、どうしよう
マンションでの在宅
頼る人がいない・・・

心細くて涙がでてくる
今までの感謝が込み上げて、涙がでてくる

強くならなければ

今までの感謝の気持ちを
しっかりお伝えしよう





スポンサーサイト
またまた管理人さん
車を停める場所がなくなった。
想定外のピンチ!

マンションの空いてるスペース
ここに停めれるんだけどなぁ・・・
と思っても、住民に説明、総会で三分の二の賛同をもらわないと・・・

福祉車両を短時間停めるだけでも大変なのに
手順を踏んでも、また反発がでたら・・・

それに総会は、6月。
待てない。

周りの駐車場を探す。
空はなかった。

こんな時は何かと相談にのってくださる管理人さん。
事情を相談。

マンション近くにある自動車販売会社。
以前うちのマンション工事の間、数台の車の駐車を
受けてくれたとの情報。
社長さんは、公民館の館長もしておいでで
話がわかる人かもと。

早速藁をもつかむ気持ちで伺った。
なんせ明後日退院。

現状をお話して、なんとか駐車スペースを契約できないか
お願いした。

社長さんは、駐車場として貸すことはしていない
とおっしゃった。

ここで諦めれば途方にくれる。
必死だった。

こちらの心情を察して、検討してみよう
とおっしゃってくださった。

その日のうちに連絡をくださった。

事情を考慮して、お貸ししましょう。

頑張ろうと思えた。

いつも力になってくださる管理人さん。
無事解決しました。

在宅を開始した。
全てに感謝。














来来亭がない!!
去年、12月半ばから、私の体調不良で在宅が出来なかった。

きっかけは風邪だった。

そのうち体や心がついていかなくなってしまった。

在宅をしたいけれど、自分が思うようにならない・・・

どうしようもない時も・・・

また在宅出来るようになるのだろうか・・・

そして2カ月が過ぎ、2月15日からまた在宅を始めた。

在宅復活に向け、いろいろ動き出して

来来亭さんにも挨拶を、と伺ったら

なかった!

影も形もない??

敷地はバリケードで入れない。

先日までかわりなかったのに、いつの間になくなったのだろう・・・

全く気が付かなかった。

どうしよう、今まで来来亭さんのご好意で

訪看さんをはじめ在宅を支えてくださる方の車を駐車させて頂いていたけど

これから駐車スペースがない!!

夫の退院の前々日のことだった。










人工鼻
在宅生活は入院生活より多くの費用がかかる。

医療消耗品の負担も大きい。
そのひとつに、人工鼻。

主人は、気管に直接穴をあけていて
ここから息をしている。
この穴のところに加湿フィルターの役割でつけているのが
人工鼻といわれるもの。

人口鼻のフィルターは、痰によって詰まることがある。
主人は、口や鼻からの呼吸が出来ないようになっているから
ここが詰まると窒息につながる。
詰まらなくても、汚れるので交換は必須な消耗品だ。

説明書には、最低、1~2日に1回の交換が必要
と書いてある。
主人の痰は、粘調だったり、吹き出したり。
体調や温度や湿度や気圧によって変わり
ほぼ一日1回交換する。

一日4回交換する日もある。
痰が多く吹き出る時は、苦肉の策で
フィルターを抜いてつける時もあるけど
乾燥してくるので続かないから
交換は頻回になってしまう。

この人口鼻、一個700円する。
見た目100円くらいで出来そうなんだけどなぁ・・・。

主人の命にかかわる大切なもの。
わかっているけど
この出費、重いなぁ・・・。



ビラ
今、マンションの掲示板とエレベーターの中に
大きなビラが貼られている。

先日、マンションの裏口の、空いているスペースに
福祉車両での送迎があることについて
理事長名で書面で告知があった。

そのことについて、ビラが貼られた。

ビラには、
直ちに事情の明記を求める
本来、当該住居人が必要な駐車場を確保すべきである。

やむを得ず、臨時的に福祉車両の駐車の便宜の計らいを
願い求めるものであるのであれば
全住居人に対し、周知をして、全住居人に公開して
容認すべきである。

鍵を貸与したなら、全住居者へも
甚大な被害を及ぼしてしまう危険性があることから
・・・ ・・・ ・・・ ・・・

いろいろと大きな太字と赤文字と真っ黄色のアンダーラインで
書き連ねられている。

甚大な被害を及ぼしている
と書かれていたところ
夜、危険性があるにかえてあった。

福祉車両の送迎を利用するにあたり
何を公開するというのだろう。
状態や、状況を、全住民に公表して
周知し、容認を求めなければいけないのか。

うちが借りている敷地内駐車場から
マンションの入り口までは、距離がある。

始めは、そこに停めていた。
暴風雨の時もあった。
何より、他の車が入ってきて
危険なのだった。

鍵も、管理会社に相談して
このマンションの前例にならっている。

理事長もビラで非難されている。

理事長は、仕事の関係で
ここには住んでいらっしゃらない。

鍵の貸与、夜中の訪問看護が容認されなければ
在宅は終わる。

今までも、いろんな問題があった。
マンションで在宅をするということ
とてもきびしい。

夫のような状態の人が
自宅で暮らすこと
普通のことであってほしい。

・・・解決するのだろうか。

エレベーターやマンションを出入りするたびに
心臓がいたくなる。

いっぱいいっぱいなのに・・・