FC2ブログ
leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0">
プロフィール

琴葉

Author:琴葉
2014年3月、突然夫が脳幹出血で倒れ、遷延性意識障害に。
また取り戻したい、夫婦の幸せな時間・・・
在宅を目指す日々や届いたメッセージを綴ります。

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

~先のことは考えない~ 在宅介護生活目指して・・・時々神さまからのメッセージ
新年明けました!
たった今、2018年が明けました。
主人は年末からレスパイト入院中。
今年も1人で迎えた新年、もう4回目。
日本中でこんな年越ししてる方、きっとたくさんいるよね。
寂しいね、頑張ろうね、いい年になりますように。

去年は、終わってみればいろいろチャレンジした年。

スタートの1月は在宅をはじめて4カ月目の時で、風邪をこじらせ体調をこわしたことがきっかけで
身体も心の状態もひどかった。
主人の発熱や痰の状態が安定せず、不随運動もつよかったので
いつも気がはっていて、全く眠れないし食べれなかった。
まわりにも気疲れして、何度も発作性の不整脈や胃潰瘍や蕁麻疹に悩まされた。
主人は病院にお願いしていた。

ケアマネさんから施設の契約を解約しましょうと提案があった。
看護付き小規模多機能施設は、1回も利用しなくても利用した時と同じ料金が発生する。
私のj状態から、在宅の再開は無理だと思われてのこと。

このままではどうにもならない、再開してもすぐつぶれる。
一人では無理なのだろうか。

悩みに悩んで、どうしても在宅をあきらめないという強い気持ちで前向きになった。

どうしたらいいか。
もっともっとマンパワーを増やそう。

あの時と比べて1年後の今、なんと多くの人に力になっていただいていることでしょう。
そして、食べられなくてスリムだったのにいつのまに洋ナシになってしまったのでしょう。
自分も状況も変えることができると学びはじめた1年でした。

そして、ずっと夢だった新幹線に乗れました。
本当に楽しいキラキラした時間でした。
あれから、思い出す度に心の底から喜びに包まれます。

夢は叶う。

今年はどんな年にしよう?

いろんな感情にさいなまされても、、楽しいことに前向きになれる1年にします。





















スポンサーサイト
心とは
心とは、なんですか?

人が感じることは、我を繋ぐ心が感じていること
という風に誤解をしていることがあります。

心の感じることとは、我が大きいのです。

我とは、いつも自分を感じることが大事であるとする
考えなのです。

我が強いと、心は、全てが愛であることを感じられずに
自分が良ければ良いことである
(他人や物や諸々のことは、考えなくてもよいこと)
ということを感じるのです。

心が我でいる時は、全てが辛いようになり
我により、心が感じることをつくりだしていきます。

我は、誰もが一番大切にしている部分です。

常に心が繋げます。

我と繋がっていることが大切だと思い込んでいます。

我は、心の有り様が繋ぐこえです。

我との繋がりを断ち切ることは容易ではないので
我と繋がりながら、○(神の御心の輪・愛そのもの)が増えるようにするのです。

○(神の御心の輪・愛そのもの)を増やすということは
神の御心(愛そのもの)とたくさん繋がるということです。

神の御心は、全ての人の内にすでに有り
感謝で繋がることが出来るのです。

心も我ではなく、○(愛そのもの)を選んでいきます。

○(愛そのもの)を選ぶことにより、いつも平安が感じられるのです。

我を選ぶことで、自分のことを大切にすると感じていますが
実は全く逆なのです。

自分を大切にするということは
愛そのものを感じていくということなのです。

愛が繋がると、全てがよい人生をつくりだしていくのです。

愛は必ずみんなを繋ぐのです。

我を持ちながら、愛を選ぶことが大切なことです。

我とは、心が大切にしていることです。

我を手離すには、たくさんの人生が必要になってくるのです。

この人生の意味をしっかり感じながら
心を覚醒させてください。

心の覚醒とは、愛を繋げ乍ら進んで行くことです。

常に愛を選んでいくことで
愛が繋ぐ素晴らしいことを
体験していくことになるのです。

心とは、愛を繋ぐことをするためにあるのです。

※体のこえも神の御心に繋がっています。
このことは、いつか伝えましょう。








こえが繋ぐ愛
こえが繋ぐ愛について
お伝えします。

こえが繋がり出すことで
愛が繋がっていくのです。

こえは、愛を感じる言魂が
開くこと(開員)により
素晴らしい愛が繋がっていくのです。

こえが繋がり出すことで
愛がたくさん繋がり出すのです。

このこえには
神の御心の形が
入っているのです。

神はこのようにお伝えします。

この言魂には
形があります。

言魂の形の中には
愛がたくさん入っているのです。

この中に入っている愛にも
形があり、○(まる)です。

愛の形が○(まる)で
○の中には
神の御心が入っているのです。

この御心の中には
全てのことが入っています。

全てが有り
神の御心のこえがあるということです。

このことが、神と一緒に
こえを繋げるという意味です。

このことをよく感じながら
愛を一緒に繋げていきましょう。
繋がりのこと
繋がることで、○(まる)がひとつになります。

繋がることで、みんなひとつを体験出来ます。

ひとつになることで、素晴らしい世界が待っています。

この世界のことをお伝えします。

この世界は、愛で繋がり合うことが出来る世界です。

愛で繋がり合うという世界なので、全てがひとつが感じられます。

感じたことが、直ぐに相手に繋がります。

繋がり合うことで、お互いが思いやりを持つ世界を体験するのです。

繋がりは、感謝のこえで繋がり合うことをします。

こえが繋がることで、こえは広がり続けていきます。

こえは大きくなり、○(まる)は大きくなり、遂には大きくなりすぎて
開員をし始めます。

開員とは、愛の御心の輪が開くことです。

開き始めると、こえが繋がり易くなり、遂には全てが繋がり出します。

繋がりは、大きな大きな○(まる)をつくり、全てひとつの輪が
出来上がり始めるのです。

繋がりは、全てが愛であることが感じられるのです。

全てが愛である世界が、もう直ぐ来ます。

愛が、広がり続けることで、この世界が感じられてくるのです。

愛は、こえが繋げます。

こえは、体のこえが良いのです。

体のこえとは、神に繋がっているからです。

私が来ているのが、感じられるのです。

感じられたら、こえが出てきます。

こえが出る時、こえは○(まる)に繋がり、愛を繋いでいくのです。

体で表現することで、繋がりが出来るのです。

こえにより、愛が繋がります。

体のこえが、大切なのです。

神と繋がり合って、愛を繋げていきます。

みんなでひとつです
まず、感じて下さい。

ひとつを感じて
みて下さい。

ひとつが感じられたら
○(まる)を感じて
みて下さい。

○(まる)が、ひとつだと
感じて下さい。
○(まる)が、ひとつだと
感じられたら
大きい○(まる)を
感じて下さい。

大きい○(まる)が
沢山出てくると
感じて下さい。
大きい○(まる)同士が
繋がり始めると
感じて下さい。

そして、繋がりが
感じられたら
この繋がりは
ひとつが全てになると
感じて下さい。

感じて下さって
有り難うございます。

皆で繋がるということが
全てひとつになって
いくことです。

繋がることで
ひとつが感じられて
いきます。

いつも素敵な気持ちが
あることにより
誰かの気持ちに伝わり
全ての気持ちに
繋がり出すことで
ひとつの輪になり
繋がるということを
体験できます。