leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0">
プロフィール

Author:琴葉
2014年3月、突然夫が脳幹出血で倒れ、遷延性意識障害に。
また取り戻したい、夫婦の幸せな時間・・・
在宅を目指す日々や届いたメッセージを綴ります。

最新記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

~先のことは考えない~ 在宅介護生活目指して・・・時々神さまからのメッセージ
あぁ・・・(;_:)
今日掲示板に告知されていた
管理員退職のご案内が・・・

管理人さん 今月いっぱいで退職されることになられた

私の衝撃は大きい
管理人さんが退職されること、考えてもいなかった

いままでどんなにお力になっていただいていたことか

涙が込み上げてきて、お礼のご挨拶に行けない

マンションで在宅をするにあたって
いろんなことがあった

いつの頃からか、困ったら管理人さんに相談していた
管理人さんは、いつでも親身になって力になってくださり
応援してくださった

鍵のことや、ビラのことや、駐車場のことも
管理会社や理事長さんや住民の方との橋渡しも、
リフォームの時も
いろいろいろいろ 

どれだけお世話になって、頼りにしてきたことか

私が怯えていた時
「何か間違ったことをしていますか
そうじゃないでしょう
なら、堂々としていればいいのです」

「良識のある人は、いっぱいいますよ」

温かく、声をかけてくださったり
背中をおしてくださったり
解決に導いてくださったり

昔、校長先生をしていらっしゃった管理人さんは
実直で、温かく、時には先生のように感じた

これから、どうしよう
マンションでの在宅
頼る人がいない・・・

心細くて涙がでてくる
今までの感謝が込み上げて、涙がでてくる

強くならなければ

今までの感謝の気持ちを
しっかりお伝えしよう





スポンサーサイト
またまた管理人さん
車を停める場所がなくなった。
想定外のピンチ!

マンションの空いてるスペース
ここに停めれるんだけどなぁ・・・
と思っても、住民に説明、総会で三分の二の賛同をもらわないと・・・

福祉車両を短時間停めるだけでも大変なのに
手順を踏んでも、また反発がでたら・・・

それに総会は、6月。
待てない。

周りの駐車場を探す。
空はなかった。

こんな時は何かと相談にのってくださる管理人さん。
事情を相談。

マンション近くにある自動車販売会社。
以前うちのマンション工事の間、数台の車の駐車を
受けてくれたとの情報。
社長さんは、公民館の館長もしておいでで
話がわかる人かもと。

早速藁をもつかむ気持ちで伺った。
なんせ明後日退院。

現状をお話して、なんとか駐車スペースを契約できないか
お願いした。

社長さんは、駐車場として貸すことはしていない
とおっしゃった。

ここで諦めれば途方にくれる。
必死だった。

こちらの心情を察して、検討してみよう
とおっしゃってくださった。

その日のうちに連絡をくださった。

事情を考慮して、お貸ししましょう。

頑張ろうと思えた。

いつも力になってくださる管理人さん。
無事解決しました。

在宅を開始した。
全てに感謝。