FC2ブログ
leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0">
プロフィール

琴葉

Author:琴葉
2014年3月、突然夫が脳幹出血で倒れ、遷延性意識障害に。
また取り戻したい、夫婦の幸せな時間・・・
在宅を目指す日々や届いたメッセージを綴ります。

最新記事

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

~先のことは考えない~ 在宅介護生活目指して・・・時々神さまからのメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪
雪雪雪
雪かきしてもきりがない。
車を出すことがこんなにも大変とは。

昨日、主人は退院した。
入院の延長は出来なかった。
ベッドが満床の上に、入院待ちの方々がいらっしゃる。
この大雪・・・どうなることだろう。

病院にいれば安心だった。
改めて病院で主人をみていただいていることの有り難さを思い知る。

この雪は容赦ない。
いつまで続くかわからない。
私一人ではもたない。

数日前、訪問看護ステーションに連絡した。

予定通り、退院します。
夜中の訪問は大変だと思いますが、申し訳ないですがなんとかきてください。
ご都合のつくお時間、何時でもいいです。
出来れば早くに来て頂いて、うちで休んでもらえませんか。
なんとかお願いします。

わかりました。
そのようにお伝えします。

この雪、訪問がどれだけ大変か。
でも、退院してくる以上お願いするしかない。

準備をして病院に向かった・・・とは簡単にいかなくて
雪かきしてあったのに、短時間ですごい積もりよう。
車を出せるようになるまで、また雪かきに追われる。
時間の段取りが大幅にくるった(ーー;)

病院に向かう道路も想像以上。
前日も通ったのに、1日でさらに状態がグレードアップしていた。

まるでスキー場のナイターのゲレンデのこぶのよう。
前の車がスリップしてタイヤが空回りしている。
さらにこぶの溝が深まる。

それでもなんとか抜け出ていった。
次は、わたし。
案の定スリップした。
ふかしても抜け出せない。
ここをさけてはいけないし、みんなはまるからひどい状態だ。
私もそうしたけど、後続車は結構後ろでとまっている。
すべってぶつかられたら困るのだ。

スコップをつんでいる。
運よく、なんとか抜け出せた。

しばらくこぶこぶは続いて、車がバウンスしながらすすんでいく。
スピードは30も出せてない。

余裕をみたのに完全に間に合わない。

・・・ ・・・ ・・・

病院に着いた。
みなさん待っていた。
早く病室をあけなければ。
大きなカートにあせって荷物を放り込んだ。

実はこの日は施設に一泊して、明日から自宅ということになっていた。
施設はもちろん満杯だろう。
前にケアマネさん(施設の専務さん)に連絡した時は、天気予報をみながら
雪は大丈夫でしょうと話し合っていた。
ところが1日ですごく降り積もってしまった。
無理なことと思いながら病院に向かう中、急遽なんとか延泊させていただけないかとお願いした。

退院当日のお願いにもかかわらず、去年の腰痛の時に続き、またも延泊を可能にしてくださった。
なんとかなると覚悟はしていたけど、なんて有り難い、ほっとして心がかるくなった。
とにかくこの雪が落ち着いてほしい。

施設のドライバーさんは、8号線を通って来たけれど道がひどい状態だったので
帰りは私が来た道を走るとおっしゃった。

いえ、こちらの方がきついと思います。こぶこぶで車がスリップします。
私は、8号線を走ります。

そうか、8号線もひどいが、仕方ないね、また8号でいくかとおっしゃって出発された。
見送ってから、退院の手続きやら支払いなど済ませ、外に出たら吹雪いていた。

ホワイトアウト。
こんなに怖いとは。
道路もまわりもなにもかも白一色の景色で、吹雪いているから
上も横も前も白しかない。
いったいどこをはしっているのかわからなくなる。
三次元がわからないというのは、はじめて。
白ってすごい。

前からぼんやり明かりが浮かぶ。
対向車のヘッドライトだ。
まったく車が見えない。
白の中にライトがボーと見えるだけ。
こわくて止まりたくなるけど、後ろから車がきているのかもわからない。
本当に感覚がわからない、白だけの孤独な世界。

ここはどのへんだろうと思ったら、パトカーが見えた。
8号線に続く道路が封鎖されていた。
なにかあったのだろう。
雪の中、おまわりさんも大変だ。

迂回したら渋滞にまきこまれた。
でも、前に車がいることに安心感を覚える。

主人たちは大丈夫だろうか。
病院から施設は、ふつうでも1時間はかかる。
無事に着いてと気にかかった。

やっと帰ってこれたと思ったら、駐車場が見事に雪で車がとめられない。
吹雪の中の雪かき・・・もう雪の捨て場もない・・・

訪看さんがきてくださっても、そのたび雪かきに出れないから
車がとめられない。
本当に延泊出来てよかった。

訪問看護ステーションに延泊になったことを連絡した。
担当の訪看さんが出られて、夜中はお泊りして看護する態勢をとっていました
とおっしゃられた。

主人も無事施設に着いていた。

運転はとても緊張したけれど、皆さんに支えられていることを幸せにおもう1日だった。

雪は悪くないけれど、少し手加減してほしいな。






































スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。