leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0">
プロフィール

琴葉

Author:琴葉
2014年3月、突然夫が脳幹出血で倒れ、遷延性意識障害に。
また取り戻したい、夫婦の幸せな時間・・・
在宅を目指す日々や届いたメッセージを綴ります。

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

~先のことは考えない~ 在宅介護生活目指して・・・時々神さまからのメッセージ
ビラ
今、マンションの掲示板とエレベーターの中に
大きなビラが貼られている。

先日、マンションの裏口の、空いているスペースに
福祉車両での送迎があることについて
理事長名で書面で告知があった。

そのことについて、ビラが貼られた。

ビラには、
直ちに事情の明記を求める
本来、当該住居人が必要な駐車場を確保すべきである。

やむを得ず、臨時的に福祉車両の駐車の便宜の計らいを
願い求めるものであるのであれば
全住居人に対し、周知をして、全住居人に公開して
容認すべきである。

鍵を貸与したなら、全住居者へも
甚大な被害を及ぼしてしまう危険性があることから
・・・ ・・・ ・・・ ・・・

いろいろと大きな太字と赤文字と真っ黄色のアンダーラインで
書き連ねられている。

甚大な被害を及ぼしている
と書かれていたところ
夜、危険性があるにかえてあった。

福祉車両の送迎を利用するにあたり
何を公開するというのだろう。
状態や、状況を、全住民に公表して
周知し、容認を求めなければいけないのか。

うちが借りている敷地内駐車場から
マンションの入り口までは、距離がある。

始めは、そこに停めていた。
暴風雨の時もあった。
何より、他の車が入ってきて
危険なのだった。

鍵も、管理会社に相談して
このマンションの前例にならっている。

理事長もビラで非難されている。

理事長は、仕事の関係で
ここには住んでいらっしゃらない。

鍵の貸与、夜中の訪問看護が容認されなければ
在宅は終わる。

今までも、いろんな問題があった。
マンションで在宅をするということ
とてもきびしい。

夫のような状態の人が
自宅で暮らすこと
普通のことであってほしい。

・・・解決するのだろうか。

エレベーターやマンションを出入りするたびに
心臓がいたくなる。

いっぱいいっぱいなのに・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する