FC2ブログ
leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0">
プロフィール

琴葉

Author:琴葉
2014年3月、突然夫が脳幹出血で倒れ、遷延性意識障害に。
また取り戻したい、夫婦の幸せな時間・・・
在宅を目指す日々や届いたメッセージを綴ります。

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

~先のことは考えない~ 在宅介護生活目指して・・・時々神さまからのメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓の外は雪景色
今日は5日、はやいなぁ。
外は雪景色。
今年は雪が多いといううわさもある。
うーーーーーん と悩む。
まだまだ悩むのが特技を返上できない。

主人は9日にレスパイト入院先から退院する。
冬場は2週間たっぷりレスパイトさせていただいている。
でもあっという間。

心配の種は、夜中の訪問看護。
ここ北陸は、雪がつきもの。
雪雷も風物詩で、稲光、轟のすざましさは時に運転中の車をふるわすほど。
台風も顔負けの威力がある風も吹き荒れたりする。

車を出す時は、車に積もった雪を落としたり、凍り付いたフロントやリヤガラスの視界が確保できるまで
ひたすらまったり、道路の雪をよかしたり・・・

そして見た目はわかりづらいアイスバーン。
この時期、夜中の道路にはつきものだ。
運転に細心の神経をつかうし、ブレーキが踏めない状態の時もある。

こんなにたくさんのリスクを背負って、凍てつく夜中にきていただくことに悩める。

雪国の地域の訪問看護はどうされているのだろうか?

去年は12月半ばから2月中ごろまで私の体調不良で在宅を休んでいた。
雪が本格化する前に主人は病院に入院したのだ。
退院してからも、運よく天候には悩まされなかった。

今年は・・・
荒れた天候の日に目覚めて夜中に外に出てみたりする。
・・・・・・
こんな日の夜中に訪問は酷だ。
私ならできるだろうか・・・

マンションの部屋の中は温かい。
天候の具合で、うちはどれだけでも、朝までいて頂いても構わないですし、お布団も用意しますので
よろしければ休んで下さい。
対策のつもりで去年そうお伝えしてみた。

お布団はいいですが、場合によってはそうさせていただくことになるかもしれません。

うちは大歓迎だけど、看護師さんの負担は結構なもの。

去年の2度の台風時は、訪問看護をキャンセルして日中、夜中、日中、夜と介護した。

その時、もう無理はできない・・・・・と体験した。

本当に雪国の方はどうされているのだろう?

地震の時も、台風の時も、雪の日や荒れた日も、皆さんはどうされているのだろう。
頑張って、頑張ろうね どうか無事に過ごせられていますようにと心痛くおもう。

この冬乗り切れますように、いーえ、乗り切るのだ・・・。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。