FC2ブログ
leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0">
プロフィール

琴葉

Author:琴葉
2014年3月、突然夫が脳幹出血で倒れ、遷延性意識障害に。
また取り戻したい、夫婦の幸せな時間・・・
在宅を目指す日々や届いたメッセージを綴ります。

最新記事

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

~先のことは考えない~ 在宅介護生活目指して・・・時々神さまからのメッセージ
検査結果でました
主人の検査結果でました。
リンパ節転移なし。

がんは全部切除したので、もうありません。
一般的に5年生存率は95%。
半年後に術後検査を提携先の病院(レスパイト入院でお世話になっている病院)でしてもらいます。
われわれの当初の想像以上の回復ぶりです。

結果を聞く時は先生の顔を見れず、手を握り締めて、時々目をつぶってしまいました。

朝電話がかかり、病棟の看護師さんから検査結果がでたので来てくださいと
言われ、毎日病室で顔を合わせるのに改めて電話がかかってきたので、
がん告知のときのトラウマが蘇りました。

主人はこんなに頑張っている、頑張っているからお願い、どうかお願いしますと
念じてみたり、絶対大丈夫を信じると自分に言い聞かせてみたり。
挙句の果てには、私の力の及ばないところ、すべてをお任せしよう、結果は天に
ゆだねよう、と自分をさとしたり。

主人の顔を見ながら、やっぱりいい報告をしてあげたい、してあげたい、と込み上げるものを
我慢しながら待ちました。

先生がいらっしゃって、別室に移り、パソコンに切除したがんが映し出されました。
もう何も見れませんでした。

先生の説明が始まり、切除したがんについて深さがどうのこうの粘膜層がどうのこうの、、、
なんだかぼーーーと聞いていました。
そして、リンパ節に転移はありませんでしたとおっしゃいました。
ここだけ急にはっきり聞こえてきました。
私はマスクをしていたのですが、思わずあぁと大きな声がでて、涙が溢れました。

先生は一瞬待って、また説明を続けてくださったのですが、また耳にはいらず、
終わって覚えているのは、リンパ節転移はなく、がんは全部とりきってもうないこと、半年後の検診のこと
以外はほとんど覚えていません。

看護師さんに笑顔で良かったですねと言われて少しづつ実感がわいてきましたが
今だ、ぼーーーと喜びに浸っています。

主人に報告しました。
この報告ができること、夢の中にいるようで、胸がいっぱいです。

ありがとうございました。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する